【ノア】王者の貫禄!潮崎&中嶋が覇王と仁王を圧倒

2020年07月31日 00時00分

グータッチでたたえ合う中嶋と潮崎

 ノア30日の川崎大会で、GHCヘビー級王者の潮崎豪(38)と同ナショナル王者の中嶋勝彦(32)が貫禄を見せつけた。

 潮崎は5日の東京・後楽園ホール大会で丸藤正道(40)を、中嶋は4日の後楽園大会で拳王(35)を迎えて、それぞれ防衛戦を行う。この日はその拳王率いる反体制集団「金剛」のジュニアコンビ・覇王、仁王と対戦した。「アクシス」としてユニットを組む王者コンビは、覇王をキックとチョップで挟み撃ちにするなど卓越したコンビネーションで圧倒。最後は中嶋が覇王をミドルキックで沈めて「久々に豪さんとタッグ組んで出られたからテンションが上がってるよ」とニッコリ。タイトル戦に向け「拳王は相変わらずのクソヤローですね。豪さんには内容で勝ちたい!」(中嶋)、「20周年のノアを代表する、そしてプロレス界を代表する戦いをお見せしますよ。ナショナルのベルトの試合にも負けられないし、それぞれのGHCを戦いたいと思います」(潮崎)と互いの健闘を誓い合った。