【ノア】カシン電撃参戦で大混乱

2020年06月11日 16時35分

カシンは執拗に小峠(上)をいたぶった

 いったいどうなってしまうのか…。ノアに“悪魔仮面”ケンドー・カシンがサプライズ参戦し、大混乱を巻き起こした。

 先日は本紙の取材で参戦をほのめかしていたが、希代のへそ曲がり男の言葉を信じる者は少なかった。ところが10日放送回の6人タッグ戦ではNOSAWA論外(43)のパートナーとして発表されていた杉浦軍の新メンバー「X」として、元W―1のカズ・ハヤシ(47)とともに登場。1年以上の実戦ブランクを全く感じさせない動きで小峠篤司(34)に鋭いエルボーやぶら下がり式首4の字固めを決め、自軍の勝利を呼び込んだ。

 すると試合後は、味方のカズに対して「大丈夫かよ。カズが来たら潰れるぞ」と鋭く指摘。さらに困惑する元W―1社長に「(社長として)何やってたんだよ。酒飲んでただけだろ?」と追及しながら姿を消した。

 論外も「来てしまったものは仕方ないんで、ノアを破壊します」と破れかぶれで、本当に来るとは思っていなかった悪魔がやってきたことで地獄のような空気が充満した。なおその後、カシンは本紙に「杉浦軍? 犬ってイメージですね。でも、あんまり犬は好きじゃないんですよね、ほんとに。それよりも俺はチームリデットとしてやっていく。杉浦軍より目先の固定給だろ」と意味不明の言葉を寄せた。