【ノア】清宮が頸椎捻挫で休養

2019年10月24日 16時30分

清宮海斗

 ノアは23日、GHCヘビー級王者の清宮海斗(23)が頸椎捻挫により1週間の安静が必要と診断されたと発表した。22日の浜松大会で猛虎原爆固めを決めた際、拳王(34)のダイビングフットスタンプを食らい首を負傷。現在意識はしっかりしており、手足にしびれやまひなどの症状もないという。27日に川崎市内で予定されていたイベントは欠席するが、拳王とのV6戦が行われる11月2日の両国国技館大会は出場する。