<ノア>杉浦と初タッグ 藤田の衝撃告白

2019年09月28日 16時30分

藤田はノア初参戦となった16日の大阪大会で稲村(右)を一蹴した

“野獣”藤田和之(48)が27日、ノア再上陸への意欲を語った。10月3日の東京・後楽園ホール大会に参戦し、杉浦貴(49)と初のタッグを結成。谷口周平(42)、熊野準(27)組と対戦する。杉浦との同級生タッグに前向きなのは良かったが、まさかの動物アレルギー告白から、やはり話は妙な方向に…。

 藤田はノア初参戦となった16日の大阪大会で稲村愛輝(26)を224秒で一蹴。試合後に「戦う相手なんていねえだろ?」と言い放ち、レジェンド王座を奪取した19日のリアルジャパンプロレス後楽園大会でも「泥船なんだからほっといても沈むだろ」とノアとの終戦を通告していた。

 しかし一転、再参戦が決定。これについて「試合後に『いつでも呼べ』って言ったじゃないですか。オファーが来たから受けただけです」。杉浦との初タッグが翻意の後押しとなったようで「律義で礼儀正しい人ですよね。同い年だし楽しみです。レスリング時代に合宿で一緒になったし、PRIDEに出ていた時に高阪剛さんのところで熱心に練習してるのを見ました。ただ、練習で手を合わせた記憶は一切ないですね。もし杉浦選手にその記憶があるなら人違いでしょう」と語った。

 一方で野獣を困惑させたのが、関係者を通じて杉浦軍のTシャツを進呈されたことだ。拳王(34)に「会社の犬」とやゆされたことを逆手に杉浦の愛犬がプリントされ話題になったが、藤田は「どんな嫌がらせだよ!」と意外な反応を見せる。

 かつてはラブラドルレトリバーを4匹飼っていた愛犬家。ただ当時から謎の湿疹に悩まされており「何年か前に病院で血液検査を受けたら、動物アレルギーだったんです。うちの犬は3年前に全員いなくなったけど、今も時々湿疹が出ます」と衝撃の告白。昨年の総合格闘技戦3連勝やレジェンド王座奪取など好調の要因はもしかして…と思いたくなるが「犬軍団(杉浦軍)のTシャツを見た瞬間、湿疹が再発しちゃって、まいっちゃいましたよ。あんなもん着れないから娘にあげたけど『恥ずかしくて学校に着ていけない』って言ってました。俺も犬軍団に入って泥まみれにならなきゃダメですか? それは嫌だなあ…」。

 もはやどこにどう突っ込んでいいか分からない話となり「そんなことより(レジェンド王座の)ベルトがないんですよ。どこにやったかな…」との言葉を残し、外房方面へ去った。

 何よりまず、大事なベルトが見つかることを祈るばかりだ。