【ノア】GHC王者・清宮「N―1」不参加決定 視線の先は11・2両国メイン

2019年07月29日 16時59分

V5に成功し会見に臨んだ清宮

 ノアは29日、都内で川崎大会の二夜明け会見を行い、中嶋勝彦(31)の挑戦を退けV5に成功したGHCヘビー級王者・清宮海斗(23)が出席した。

 激闘を振り返り「あれだけの打撃を受けたのは本当に初めてで、今まで以上に『受けの自分』を確立できたと思います。それがあったからこそ、今まで出したことのないような危険な技、非情な自分を発見することもできました」と話した。

 武田有弘社長も出席し、グローバルリーグ戦を進化させた新たなシングルリーグ戦「N―1 VICTORY」(8月18日、愛知・名古屋国際会議場で開幕)のブロック分けと参加選手を発表。A、Bブロックにそれぞれ5選手がエントリーし、各ブロックの1位が9月16日のエディオンアリーナ大阪第1競技場大会で優勝決定戦を戦う。

 中嶋戦後、清宮は「僕は僕のやり方でノアに新しい景色をもたらし、このベルトの価値を高めます」と不参加を表明。これが「清宮選手のここ半年での実績を評価して、決断を全面的に受け入れたい」(武田社長)と正式に認められ、不参加が正式に決定した。

 優勝者からの挑戦を11月2日の両国国技館大会で受けることになり「N―1はすごく大切だけど、本気でノアを一気に上げるためには両国のメインが絶対にカギになると思う。N―1に出ずに両国メインに立つ覚悟をしっかり持って、動いていきたい」と力を込めた。