【ノア】“IQレスラー”桜庭和志 9・16大阪大会で初参戦決定

2019年07月28日 11時01分

参戦が決まった桜庭和志(左)を紹介するNOSAWA論外

 ノア27日の神奈川・カルッツかわさき大会でビッグサプライズが起きた。NOSAWA論外(42)のアテンドにより、UFC殿堂入りも果たした“IQレスラー”桜庭和志(50)が登場。9・16大阪大会でのノア初参戦が電撃発表された。

 桜庭のテーマ曲「SPEED TK RE―MIX」が流れた瞬間、場内は大歓声に包まれた。論外から「9月16日大阪、ノアに出てくれるかな?」と問われるや、桜庭はひょうひょうとした表情を浮かべつつ「いいとも!」とサク節全開で初参戦を快諾した。

 論外は大会前から「世界(的知名度のある)の友人を連れて行く」と大風呂敷を広げており、周囲は「?」という反応の方が強かったが、まさか本当に布で包めきれないほどの超大物だったとは…。

 論外はWWEのNXTでコーチ役を務めている某覆面選手からも、交渉技術を高く評価されており「ガッチリ君」との愛称を授かるほど高い交渉能力と世渡りのうまさを誇る。今回はその手腕をガッチリと発揮した格好だ。

 桜庭は3月、この日5度目の防衛に成功したGHCヘビー級王者・清宮海斗(23)に関節技を伝授している。敵味方は関係なく、王者、そして団体にとって桜庭の参戦は大きなプラスとなるだろう。新生ノアがまた輝きを増すのは間違いない。