【ノア】GHC王者・清宮が前哨戦で存在感

2019年05月29日 00時00分

ドロップキックを決める清宮

 ノア28日の東京・後楽園ホール大会のメインでGHCダブル前哨戦6人タッグマッチが行われ、GHCヘビー級王者・清宮海斗(22)がKAZMA SAKAMOTO(36)を猛虎原爆固めで仕留め、防衛に弾みをつけた 

 6月9日の後楽園大会で清宮は杉浦貴(48)の挑戦を受け、また同13日の大阪大会ではGHCタッグ王者の潮崎豪(37)、中嶋勝彦(31)組が杉浦、KAZMA)組の挑戦を受ける。この日は王者が豪華なトリオを結成し、マット界一の偏屈者・鈴木秀樹(37)を加えた「杉浦軍」と激突し、若き王者が大奮闘した。

 清宮は杉浦のスピアー、鈴木の雪崩式フロントスープレックスに苦しみながら、場外の鈴木にウルトラタイガードロップを見舞うなど躍動。杉浦もタッグ王者コンビの逆水平&ミドルキックの強烈な合体技に苦しむも、中嶋を雪崩式脳天砕きで投げ捨てる。

 KAZMAをフォールして死闘を制した清宮は「このベルトはとても重い。やられたらやり返す。時代は前に進んでいる。絶対に杉浦貴にベルトは渡さない!」と防衛を誓った。

 故三沢光晴さん(享年46)の命日に挑戦を受けるタッグ王者組も「ゾクゾクしたでしょ? まだまだこれからだね」(中嶋)、「挑戦者は大変だね。俺たちは(決戦まで)どんどん深く分かり合っていくつもりだから!」と連続挑戦に燃え、必要以上に背中を黒光りさせているハレンチ王を挑発した。

 セミでは腰椎椎間板ヘルニアのため3大会(11日の岡崎、12日の伊佐沼、19日の前橋)を欠場した丸藤正道(39)が復帰戦に臨んだ。

 新崎人生(52)、原田大輔(32)と組んで反体制派軍団の金剛(拳王、マサ北宮、小峠篤司)と激突。小峠に虎王(二段式ヒザ蹴り)を見舞うと、原田の勝利をアシストした。

 みちのくプロレス出身の拳王は久々に師匠・新崎との対戦。「首を取ってやる」と拳王から挑発されていた新崎は「拳王、俺今年で52歳なんだ。もう20年くらいやらせてくれないか?」と余裕の言葉を放った。

 受けた拳王は「新崎さんを呼んで、俺の心を懐柔しようとした親会社のリデットエンターテインメント社よ、甘くみるんじゃねえ!」とあくまで反体制を貫いた。