【ノア】内田会長が退任し新体制に移行 新オーナー「リデット社」の手腕と評判

2019年01月29日 11時49分

ひと区切りつけて退任の内田会長。右は丸藤

 マット界の“天才”こと丸藤正道(39)らが所属するプロレスリング・ノアが2月1日から新体制に移行することが28日、分かった。関係者によると、ノアを運営する「ノア・グローバルエンタテインメント社」(不破洋介社長)の筆頭株主となった「リデットエンターテインメント社」が団体の新オーナー企業になるという。ノアではそのまま不破社長が残り、内田雅之会長(56)は今月31日付で退任する。

 これに伴い東京・千代田区三崎町にあった事務所が、リデット社がある同区有楽町に移転する。長州力プロデュース興行や越中詩郎デビュー30周年興行(30日、東京・後楽園ホール)などを手がけるリデット社は長州が取締役会長を務め、プロレス大会の運営や宣伝に抜群のノウハウを持つ。

 内田氏は本紙の取材に「私としては(昨年9月の)丸藤の20周年興行を終えて、ひと区切りついた。若手選手が台頭してきたし、いい兆しが見えている。ノアは次のステージにいく段階と判断し、私が思いつかないアイデアを持つリデットさんにお任せしようと思った」と語った。

 長期的な観客動員の低迷などから業績が悪化したノアは2016年11月にIT企業「エストビー」(現ノア・グローバルエンタテインメント)に事業譲渡され、全日本プロレスの社長を務めた内田氏が中心となって団体再建に着手した。

 昨年12月には22歳の清宮海斗がGHCヘビー級王座を戴冠するなど、若手が成長。東京スポーツ新聞社制定「2018年度プロレス大賞」では丸藤が殊勲賞、清宮が敢闘賞を受賞した。

 なお、内田氏は2月1日からリデット社の特別顧問に就任する。今後のプロレス界とのかかわりについては「分からない。会長を辞めてまた顔を出したらおかしいし」とし、一線を引く方針。新生ノアの行方に注目が集まる。