【ノア】清宮海斗「絶対に負けられない」 GHC奪取で世代交代誓う

2018年12月11日 16時26分

世代交代を誓った清宮

 ノアのGHCヘビー級王者・杉浦貴(48)に、16日の横浜文化体育館大会で挑戦する次世代のエース・清宮海斗(22)が11日、東京・江東区の東京スポーツ新聞社を訪れ、ベルト奪取へ意気込みを語った。

 なぜかトマトを食べながら取材に応じた清宮は「いい流れで来ている。勢いがあると自分でも思うので、このまま一気にベルトを取りたい」。先輩レスラーをことごとく撃破して「グローバルリーグ戦」を制した若武者は、このまま一気に下克上を果たすつもりだ。

 今年のノアは杉浦を筆頭にしたベテラン勢と、それ以下の世代による抗争が勃発した。しかし7日の後楽園ホール大会でGHCタッグ王座を獲得した中嶋勝彦、潮崎豪の2004年プロレスデビューコンビが、中堅世代としてベテラン勢や若手勢と別行動を取ることを表明。来年は3世代による三つ巴の抗争に突入しそうだが「その前にベルトを取ってしまえば争いがどんな形になっても有利になるでしょう。僕ら若手でノアを引っ張るためにも絶対に負けられない」と力を込めた。

 新世代のリーダーとして、ベルトを手に一気に方舟の主役となれるか。