【ノア】GHC王座V2の杉浦 挑戦希望者続出にニンマリ

2018年05月30日 16時30分

杉浦(右)は丸藤を危険な断崖式俵返しで投げ捨てた

 ノア29日の後楽園ホール大会で、GHCヘビー級王者の杉浦貴(47)が丸藤正道(38)を下し2度目の防衛に成功した。

 ハレンチ王が持ち前のパワーと驚異の回復力で大一番を制した。序盤から最大のライバルと一進一退の攻防を繰り広げたが、中盤にエプロンでのパイルドライバー、不知火改と大技を立て続けに食って深いダメージを受けてしまう。

 しかし猛攻を耐え抜くと、まさかの断崖式俵返しで場外に投げ捨てて反撃。その後は打撃技でペースを奪い返し、最後は五輪予選スラムで投げ飛ばしてからフロントネックロックへ移行。一度はロックを外されるも、再び首を捕らえて執念のギブアップ勝ちを決めた。

 試合後、杉浦は丸藤と握手を交わして健闘をたたえ合った。するとここから続々と挑戦希望者が登場する。まずは拳王(33)と清宮海斗(21)がリングイン。2人は王者そっちのけで口論の末、6月10日後楽園大会で挑戦者決定戦を行うことを勝手に決めてしまった。さらにはGHCタッグ王座を奪取したばかりの中嶋勝彦(30)とマサ北宮(29)も現れ「俺たちも忘れるなよ!」と宣戦布告を放った。

 このカオス極まりない展開に杉浦は「要するに俺が今出てきた若い連中を相手にすればいいんだよな? 誰でもいいよ。ベルトを懸けて戦おう」と断言。モテモテの状況を楽しむかのように、不敵な笑みを浮かべて迎撃に自信を見せていた。