【新日本】29日IC王座V2戦  みのるが挑戦者の内藤を圧倒&論破

2018年04月27日 16時30分

みのる(左)は内藤の右腕を破壊した

 新日本プロレス29日熊本大会で内藤哲也(35)とのV2戦に臨むIWGPインターコンチネンタル王者・鈴木みのる(49)が、26日の兵庫・加古川大会で挑戦者を圧倒して決戦に弾みをつけた。

 ゴッチ式パイルドライバーでBUSHIを沈めて10人タッグ戦を制したみのるは、試合後に鈴木軍5人で内藤に暴行を加えた。「お前のしてきたこと、言ってきたこと、必ず『誰かのせい』なんだ。中学生と言ってること一緒だ。理不尽な足の引っ張り合い、競争、それが世の中だろ。お前はそこで生きていけない。てめえらは熊本で終わるんだ」と、かなり一理ある指摘で制御不能男をバッサリ切り捨てた。