【新日本】IWGPジュニアタッグ王座戦調印式大荒れ!王者組が怒りの机蹴り

2018年03月31日 16時30分

怒りのデスペラード(右端)は机を蹴り飛ばした(左隣は金丸)

 新日本プロレス4月1日の東京・両国国技館大会で、3WAY形式で行われるIWGPジュニアタッグ王座戦に不穏な気配が漂っている。この日の調印式では、なぜか挑戦者の高橋ヒロム、BUSHI組がヒロムのポエム、SHO、YOH組がセコンドのロッキー・ロメロのラップを披露。これで堪忍袋の緒が切れた王者組は「カンペ読まねえとしゃべれねえのか? いつまでも行儀よくやってると思うなよ」(エル・デスペラード)、「まとめて両国でぶっ潰してやる」(金丸義信)と調印を拒否して退場した。