【新日本】ケニー「NEW JAPAN CUP」参戦せず

2018年02月26日 16時30分

ケニー・オメガ

 新日本プロレスの前USヘビー級王者ケニー・オメガ(34)が25日、「NEW JAPAN CUP(NJC)」(3月9日、後楽園で開幕)に参戦しない意思を表明した。

 ケニーは24日後楽園の米国ROHと新日本の合同興行で、飯伏幸太(35)とのコンビ「ゴールデン☆ラヴァーズ(GL)」を復活させた。試合後はヘビー級転向を宣言したヤングバックス(マット&ニック・ジャクソン)の対戦表明を受け、3月25日ロサンゼルス大会での激突が急浮上した。

 一方でシングル王座戦線再浮上のかかるトーナメント・NJCには不参加を決断。ケニーは「ファンをガッカリさせたくはないんだけど…。自分にはまずは集中しないといけない戦いがあると思う。友達と戦う準備をしないといけない」と説明した。

 ケニーがリーダーとして君臨するバレットクラブ(BC)は、Cody(32)の造反により不協和音が生じ、GLが復活した今では他のメンバーを巻き込んだ内紛状態が続いている。ヤングバックスとの同門対決以外にも、4月7日ROHニューオーリンズ大会ではCodyとの因縁の一騎打ちが決定済みだ。そのため今は「二兎を追う」ことは得策ではないと判断したようだ。

「もちろんシングルのベルトに挑戦したくないわけではない。でもそれはバレットクラブの問題が解決してからだ」とケニー。IWGPヘビー級王座をはじめとした王座挑戦のチャンスを先送りにし、BC内での戦いにケジメをつけることを優先する。