【新日本】オスプレイがIWGPジュニアヘビー初戴冠

2017年10月10日 16時30分

オスプレイ(下)はオスカッターでKUSHIDAを仕留めた

<新日本・両国国技館(9日)>IWGPジュニアヘビー級選手権はウィル・オスプレイ(24)がKUSHIDA(34)を撃破し第78代王者に輝いた。

 過去シングル4連敗中の天敵に挑んだオスプレイは、リバース火の鳥スプラッシュなどでエンジン全開。王者必殺のバック・トゥ・ザ・フューチャーを阻止すると最後はオスカッター(変型スタナー)で悲願の同王座初戴冠を決めた。

 試合後には前王者・高橋ヒロム(27)が登場したかと思いきや、直後にはバレットクラブのマーティ・スカル(29)も割り込んで挑戦を表明。スカルとは英国でのV1戦が浮上した。新王者は「初めて英国出身のIWGPジュニア王者になれた。言葉がないよ。今までの努力が報われた」と王座奪取の余韻に浸っていた。