【新日本】IWGPタッグ王者組が初防衛

2017年10月10日 16時30分

ハンソン(左下)にテーブル上へのキラーボムを決めるスミスJr.

<新日本・両国国技館(9日)>IWGPタッグ選手権は、王者組のランス・アーチャー(40)、デイビーボーイ・スミスjr.(32)組がレイモンド・ロウ(33)、ハンソン(33)組、タマ・トンガ(年齢非公表)、タンガ・ロア(34)組との3WAYトルネードイリミネーションマッチを制して初防衛に成功した。

 王者組は場外、反則カウントなしの勝ち抜き戦という完全決着ルールでまずはトンガ人兄弟を粉砕。最後はハンソンをテーブル上へのキラーボムで沈め、4戦連続の3WAY王座戦という因縁の外国人タッグ抗争に終止符を打った…と願いたい。