【新日本】石井智宏が内藤をバッサリ“お前はレスラー仲間に人気ないぞ”

2017年09月09日 16時30分

内藤(左)に猛反論した石井。決戦でも吹き飛ばす決意だ

 新日本プロレス10月9日両国国技館大会で来年1月4日の東京ドームIWGPヘビー級王座挑戦権利証争奪戦に出陣する石井智宏(41)が8日、現保持者でG1クライマックス覇者の内藤哲也(35)を一刀両断した。対戦を要望された立場にもかかわらず、決定後に難癖をつけられる不条理にも、石井は揺るがない信念を貫く構えだ。

 石井はG1覇者の指名を受けて権利証争奪戦への出陣が決定。内藤に2連勝している実績がチャンスを呼び込んだ。

 ところが手練手管の制御不能男からは、対戦決定後も心理戦を仕掛けられている。

 他に立候補者が現れれば再考することや、挑戦者が権利証を欲しないのならば無理に防衛戦を行う必要がない…などと主張され、石井は「真意」の明確化を要求されているのだ。

 これに対し石井は「アイツが俺との対戦要望を口に出したんだろ。やりたくないならやらなくてもいい? だったら最初から俺の名前を出すなという話。他に名乗り上げたヤツいねえだろ」と断言。

 すでに団体が防衛戦を義務付け、保持者が石井の名を挙げて、他候補者は不在という3つの条件が揃っている。この期に及んで石井がさらにへりくだって挑戦を要求する必要性はない。

 そもそも内藤が他候補者を公募しているにもかかわらず、G1覇者の証明にして年間最大興行のメーンイベントへの切符を争う戦いに誰も加わろうとしない現状はある意味で奇妙だ。石井は「ファンの支持を得ているのかもしれないけど、俺らレスラーには響くものがない」と内藤本人に問題ありと指摘。「堂々としてりゃいいのに、ゴチャゴチャ言ったり(IC王者時代にベルトを)投げ捨てたり、何のためにやってるのか見えてこない。だったら貫けよ。(必要ないと言ったはずのベルトを)好きなプロ野球選手と写真撮るために持ってったり、主張が見えてこない」と、時として筋が通らない制御不能男の言動が、レスラー間で評価を落としていると正論を突き付けた。

 一度決まった試合には脇目も振らず全力を尽くすのが、石井のポリシーだ。「(東京ドームのメーンという)アイツの夢をぶち壊すのは楽しみかな。俺の名前を出した時点でその道は終わり」と豪語し、史上初の権利証移動に自信をのぞかせていた。