【新日本】2・5北海道大会でIWGP王者オカダがみのるとV3戦

2017年01月10日 18時38分

 新日本プロレスは10日、1月27日後楽園大会で開幕する新シリーズの対戦カードを発表した。

 

 ビッグマッチの2月5日北海道・北海きたえーる大会ではIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ(29)が新日マット再上陸を果たした鈴木軍のボス・鈴木みのる(48)とのV3戦が決定。NEVER無差別級王者の後藤洋央紀(37)はジュース・ロビンソン(27)との初防衛戦に臨む。

 

 直後の大一番2月11日エディオンアリーナ大阪大会ではIWGPインターコンチネンタル王者・内藤哲也(34)がマイケル・エルガン(30)とのV3戦を行う。IWGPジュニアヘビー級王者の高橋ヒロム(27)はメキシコ・CMLLのドラゴン・リー(21)とのV1戦が決まった。

 

 また4日東京ドーム大会のIWGP戦で王者・オカダに敗れたケニー・オメガ(33)率いる外国人軍「バレットクラブ」は同シリーズを全休することも合わせて発表された。