【新日】王者オカダ 鈴木みのる迎撃宣言「今の僕はなかなか強いですよ」

2017年01月06日 18時11分

鈴木みのる迎撃を宣言したオカダ

 新日本プロレス4日の東京ドーム大会でケニー・オメガ(33)を下し2度目の防衛に成功したIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ(29)が6日に会見を行い、新日マット再上陸を果たした鈴木みのる(48)迎撃を宣言した。

 

 年間最大興行で46分45秒の超絶死闘を制したオカダはこの日、会見に出席。おびただしいアザがまだ体中に残るなかでも「今まで激闘というのはしてきましたけど、初めての死闘だったんじゃないかなと思います。世界に響いた防衛戦だったんじゃないか」と充実の表情で振り返った。

 

 だが王者に休息はない。5日の後楽園大会では2年ぶりに新日マット再上陸した鈴木軍に襲撃された。オカダは「新日本プロレスを狙うということはこのベルトを狙ってくるということだと思いますし、やるんであればやりますけど『今の僕はなかなか強いですよ』と。他の団体でやっていたかもしれないけど、その2年間で新日本がここまで来たかっていうのを教えてやりたい」と次期挑戦者として認めた上で、V3の誓いを新たにした。

 

 鈴木とは2013年5月福岡大会でIWGP戦を行い、オカダが勝利を収めている。久々の抗争にもオカダは「いつまでたっても鈴木みのるというレスラーは嫌いなんだなと昨日改めて思いましたね」とキッパリ。満を持して襲来した新たな敵を返り討ちにし、業界の主役の貫禄を見せつけるつもりだ。