【新日本】1・4東京ドーム全10試合決定 NEVER王座戦は柴田と洋央紀同級生対決

2016年12月13日 16時30分

同級生・洋央紀(左)とのNEVER王座防衛戦が決定した柴田

 12日、新日本プロレスの1月4日東京ドーム大会の全10試合が出揃った。NEVER無差別級王者の柴田勝頼(37)は後藤洋央紀(37)との初防衛戦が決定。三重・桑名工業高校時代の同級生同士がタイトルマッチで雌雄を決する。

 

 NEVER無差別級6人タッグ王者の小島聡、リコシェ、デビッド・フィンレー組は、4チームによる「ガントレットマッチ形式」で初防衛戦に臨む。2チームで通常の6人タッグ戦を行い、勝ったチームが次のチームと対戦(いずれも60分1本勝負)していく過酷なルールで、勝ち残ったチームが勝者となる。挑戦者にはSANADA、EVIL、BUSHI組、石井智宏、YOSHI―HASHI、ウィル・オスプレイ組、バッドラック・ファレ、高橋裕二郎、ハングマン・ペイジ組が名を連ねた。

 

 さらにスペシャルシングルマッチも続々と決定。元WWEのコーディ・ローデス改めCodyはジュース・ロビンソンと激突し、第1試合ではタイガーマスクWがタイガー・ザ・ダークと対戦する。