【新日本】同級生対決が新展開!柴田と洋央紀の遺恨再燃

2016年12月06日 16時30分

後藤(左)の顔面に蹴りを入れる柴田

 新日本プロレス「ワールドタッグリーグ」5日京都大会のBブロック公式戦で柴田勝頼(37)、永田裕志(48)組が後藤洋央紀(37)、石井智宏(40)組を撃破して4勝目を挙げた。今年3月に後藤がCHAOS加入後、初めて公式大会で激突した一戦は柴田がピンフォール勝ち。NEVER無差別級王者の貫禄を示した。三重・桑名工業高校の同級生2人のストーリーは新たな展開に突入しそうな気配だ。

 

 ブロック唯一の1敗で単独首位の後藤組を2敗で追走する柴田組は、生き残りをかけて直接対決に出陣。ともに先鋒を買って出た柴田と後藤の同級生対決は、試合が進むにつれて激しさを増していった。

 

 15分過ぎにはバックドロップ合戦、エルボー合戦から牛殺しを浴びてしまった柴田だったが、合体式GTRの体勢を切り返すや、後藤の背後に回ってスリーパーホールドで捕獲。渾身の力で絞め上げて最後はPKで蹴殺した。

 

 これまで2人は時にライバル、時に盟友として数々の激闘を繰り広げてきた。今年3月に後藤がCHAOSに加入して敵対関係になるも、4月の新日プロ会社説明会提供試合の8人タッグ戦(後楽園ホール)で一度だけ肌を合わせたのみで、本戦での対戦はなかった。

 

 袂を分かってから事実上の初対決を制した柴田は「おい後藤、軍団変わって楽しいか? お前、お前が思ってる以上に変わってねえぞ。中途半端に拍車がかかったくらいだ」と強烈に荒武者を挑発。さらには「常にもどかしい。芯がないっつうか。今日の(結果)がその答え。戦ったらこうなる」と、CHAOS入り後は低迷が続いた後藤とは対照的に、年間を通じて過酷なタイトル戦をこなしてきたNEVER王者としての意地をのぞかせた。

 

 一方で屈辱的な言葉を投げかけられた後藤もこのままでは終われない。「前から思ってたことだけど、トップ戦線に返り咲くためには避けては通れない相手。それを再確認した」と対抗心をあらわにして、遺恨は一気に再燃した。

 

「今は目の前のタッグリーグに集中してるんで。後藤との今後? 俺が決めることじゃないから。じゃあここまで上がってこいよ」と後藤に痛烈なメッセージを残した柴田。タッグリーグ戦で優勝争いが佳境を迎える一方、止まっていた2人の時計の針が再び動きだした。