【新日本】オカダ コブと再戦決定で完全決着予告「しっかりレインメーカー出してやるよ」

2021年07月31日 00時00分

天山(左)の突進を迎撃するオカダ

 新日本プロレス9月4日埼玉・メットライフドーム大会でジェフ・コブ(39)とのシングルマッチに臨むオカダ・カズチカ(33)が30日、〝完全決着〟を予告した。

 オカダは25日東京ドーム大会でコブに辛勝。だが、27日後楽園大会で急襲されて遺恨が再燃。メットライフドームでのリマッチが決定した。コブは米国に帰国したため、この日の後楽園大会では前哨戦が組まれることはなく、オカダは6人タッグマッチに出場。天山広吉のアナコンダバスターを切り抜けてマネークリップ(変型コブラクラッチ)を仕掛けるなど、軽快な動きでチームの勝利に貢献し、好調をアピールした。

 27日後楽園大会では襲撃のダメージから、ノーコメントで会場をあとにしていたオカダは「おいジェフ! 来ねえのかよ、この野郎。こういう時はな、カード変更になって前哨戦を戦っていくのが当たり前なんじゃないの? 変わんないの?」と不在の抗争相手を挑発。「また負けたいんでしょ? 3カウント取られるだけじゃ物足りないんでしょ? しっかりレインメーカー出してやるよ」と、東京ドームでは不発に終わった必殺技での勝利を誓っていた。

関連タグ: