【新日本】8月14日米大会で棚橋がアーチャーの持つIWGP・USヘビー級王座に初挑戦

2021年07月29日 15時16分

25日のドーム大会では鷹木に惜敗した棚橋

 新日本プロレスは29日、米ロサンゼルスで8月14日(日本時間15日)に開催する有観客興行「RESURGENCE」の追加カードを発表。棚橋弘至(44)がランス・アーチャーの持つIWGP・USヘビー級王座に初挑戦するとした。

 現地時間28日放送の「AEW DYNAMITE」内に棚橋がメッセージで登場し、USヘビー級王座挑戦を表明。この後行われた同王座戦で王者ランス・アーチャーがヒクレオを下しV1に成功したことを受け、棚橋の挑戦が正式に決まった。なおアーチャーは前週にジョン・モクスリーを下し新王者になったばかりだった。

 試合はNEVER無差別級王座戦の「王者ジェイ・ホワイトVS挑戦者デビッド・フィンレー」とのダブルメインイベントとして行われる。

【関連記事】

関連タグ: