【新日本】IWGP世界王者・鷹木が緊急出撃の棚橋との激闘制しV1… EVILの闇討ちに怒り心頭

2021年07月26日 00時00分

棚橋を下し初防衛に成功した鷹木(新日本プロレス提供)

 新日本プロレス25日の東京ドーム大会で、IWGP世界ヘビー級王者・鷹木信悟(38)が棚橋弘至(44)の挑戦を退けて初防衛に成功した。

 当初挑戦が予定されていた飯伏幸太(39)が「誤嚥性肺炎」からの回復が間に合わず、当日に挑戦者が棚橋に変更となる前代未聞のドーム大会メインイベント。鷹木は緊急事態に立ち上がったエースの猛攻にさらされた。25分過ぎには何とカミゴェからのハイフライフローを浴びたが、王者の意地で3カウントは許さない。ラスト・オブ・ザ・ドラゴンを強引に決めて何とか窮地を脱した。

 なおもドラゴンスープレックス2連発と攻撃の手を緩めない棚橋に対し、鷹木も驚異的なタフネスで反撃に転じる。ハイフライフローには行かせずにSTAY DREAM(雪崩式デスバレーボム)を発射。張り手の応酬からパンピングボンバーを決めると、最後はついにラスト・オブ・ザ・ドラゴンをさく裂させて激闘に終止符を打った。

 試合後のリング上で鷹木は「棚橋弘至、あんたやっぱすげえよ」とスクランブル出撃の挑戦者に敬意を表するとともに、王座戦が実現した飯伏への思いも吐露。「あいつはあいつなりに、ギリギリまでドクターと相談して、苦渋の決断をした。俺はその気持ちだけで十分だよ。これでひとつ心に決めたのは、飯伏が来るまで、負けられねえなオイ!」と誓った。

 東京五輪も無観客開催となる緊急事態宣言下での有観客ドームで、初めてメインの大役を務めあげた。「(コロナ禍でのファンの応援に対する思いを語るも話が長すぎて中略)みんなが今日、プロレスを選んでくれた。そのことは心から感謝する。俺もよ、今年39になるオッサンだけどよ、俺たちの世代がまだまだプロレスを引っ張っていかなきゃいけないだろ。これからも新日本プロレス、いや、プロレス界、世界中のテッペン目指して龍がごとく駆け上っていくぞ!」と決意表明した。

 ところがその直後だ。何と場内が暗転すると、ビジョンでEVILが次期挑戦を表明。再び照明がつくと、鷹木の背後には「キング・オブ・ダークネス」の姿が…。そのままEVIL(変型大外刈り)を浴びてKOされるという、まさかの屈辱を味わった。

 晴れ舞台を暗黒に染め上げられた鷹木は怒り心頭。「EVIL! 次は俺だと? あたりめえだ、オイ! 次はてめえとやってやるよ!」と指名し、V2戦での激突が決定的となった。

関連タグ: