【新日本】デスペラードまさかのJr.王座陥落 復帰宣言のヒロムとの防衛戦は叶わず

2021年07月26日 00時00分

イーグルス(左)の勢いに屈したデスペラード

 新日本プロレス25日の東京ドーム大会で、IWGPジュニアヘビー級王者のエル・デスペラードがロビー・イーグルスに敗れ、3度目の防衛に失敗。まさかの王座陥落となった。

 互いに左足への一点集中攻撃を展開する壮絶な消耗戦。ヌメロ・ドス(変型マフラーホールド)でギブアップを迫ったデスぺラードだったが、これを逃れられるとロビーの反撃にさらされる。ロコ・モノにカウンターのハイキックを浴び、窮地に陥った。

 ターボバックパック(変形ドライバー)から左膝にファイヤーバードスプラッシュを投下され、ロン・ミラー・スペシャル(裏足4の字固め)に捕獲される。デスペラードは執念でロープに逃れようとしたが、リング中央に戻され、さらに搾り上げられるとたまらずタップ。大舞台でベルトを失った。

 大会前には、大胸筋断裂により欠場していた前王者・高橋ヒロムが復帰を宣言。この試合の勝者に挑戦することを表明していた。勝てばライバルとのタイトルマッチが実現するはずだったが、無情にもたどり着くことができなかった。バックステージでは「チクショウ…チクショウ! なめんなよ。タイトルマッチ負けんのは慣れてんだ、コノヤロー。これで終わると思うな」と悔しさをあらわにした。

 一方で悲願のIWGPジュニア初戴冠を果たしたイーグルスは「今日は天国にいる父が俺に力を貸してくれた。今日の勝利をあなたにささげるよ。最高の気分だ」と喜びを爆発させた。「いつでもヒロムとやってやる。お前も死ぬ気でかかって来ないとベルトは取れないぞ? 今の俺ならお前に勝てる。次の獲物はヒロムだ。お前を打ち抜いてやる」と、新日本ジュニアのエースに宣戦布告していた。

関連タグ: