【新日本】飯伏がジェフ・コブとの一騎打ちに激勝 「まだまだやりたいことがたくさんある」

2021年06月08日 00時00分

コブ(左)に雪崩式フランケンシュタイナーを放つ飯伏

 新日本プロレス7日の大阪城ホール大会で、飯伏幸太(39)がジェフ・コブ(38)とのシングル戦を制した。

 トップロープからのラ・ケブラーダ、スワンダイブ雪崩式フランケンシュタイナーと華麗な空中技で試合のペースを握った飯伏は、ボマイェからカミゴェを狙う。しかしこれをつかまれフロントスープレックスで投げ捨てられると、ファイブサウザントでマットに叩きつけられる。ハイキックからのカミゴェを炸裂させてもカウント2で返されてしまい、掟破りのコブゴェ(カミゴェ)を突き刺されて再び劣勢に陥った。

 それでもツアー・オブ・ジ・アイランドだけは決めさせない飯伏は反撃のジャンピングニーを発射。これもつかまれコブに持ち上げられながらも、強引にヒザを突き刺して再逆転に成功する。そのまま一気に生ヒザ式カミゴェを叩き込んで3カウントを奪ってみせた。

 レスリングでアテネ五輪にも出場した生粋のアスリート・コブを正面から粉砕した。飯伏は「いろんなものを学ばせてもらいましたよ。ええ。やはりキャリアで勝ったようなもの。またやりたい」と満足げな表情。「僕、やらなきゃいけないことがあるんで。まだまだやりたいことがたくさんあるんで。これから、まだまだ…。今日はありがとうございました。ただ、次はもっと接戦かなと思います。まだ、余裕があったんじゃないですか。次…タイトルマッチやりましょう。ということは、どちらかがベルトを巻いているということ」と、王座戦での再戦を熱望した。

関連タグ: