【新日本】ワールドプロレスリングのエンディングに「FUTURE FOUNDATION」が決定

2021年06月05日 12時00分

中継の新エンディング曲が決まった

テレビ朝日で毎週土曜25時(一部地域を除く)から放送中の新日本プロレスの中継番組「ワールドプロレスリング」の6月・7月のエンディング曲が「FUTURE FOUNDATION」に決まった。

「FUTURE FOUNDATION」はライブハウスがコロナ禍で危機的状況になっているところを救うべく、国内外で名を馳せる人気ロックバンドCrystal Lake、NOISEMAKER、SHADOWSの3組が手を組んで立ち上げたドリームチーム。昨年6月にiTunesで限定リリースした楽曲「DAWN」がロックチャート1位を獲得し、ミュージックビデオランキングでも1位を獲得するなど話題となった。

 チームプロジェクト名をタイトルにした新楽曲「FUTURE FOUNDATION」が同番組のエンディングテーマとして5日放送回から使用される。「FUTURE FOUNDATION」は「とんでもなく長い歴史のあるワールドプロレスリングのタイアップ曲になると聞いて、とても興奮しました。子供の頃からプロレスに憧れて、選手の入場曲や番組の挿入歌を聴き漁っていました。バンドのライブとプロレスには共通点があると思っています。激しいファイトで皆を熱狂させること、魅せる華麗なムーブやマイクを通して思いを伝え、オーディエンスとの一体感を生むことなどプロレスから多くの影響を受けました。このFUTURE FOUNDATIONとワールドプロレスリングのクロスオーバーによって、プロレスファンと音楽ファンの思いが結びつくと信じています」とコメントを発表した。

関連タグ: