【新日本】ジュース&フィンレーが米国「IMPACT」でケニー率いる元バレットクラブトリオに激勝

2021年05月17日 17時31分

ジュース(上)は場外でケニーにプランチャを放った(新日本プロレス提供)

 新日本プロレスのジュース・ロビンソン(32)とデビッド・フィンレー(28)が15日(日本時間16日)の米国「IMPACT」のPPVマッチに出場。ケニー・オメガ(37=AEW)、カール・アンダーソン(41)、ドク・ギャローズ(37)組から勝利を収めた。

 IMPACT世界タッグ王座を保持する2人はエディ・エドワーズ(37)と共闘し、元バレットクラブトリオと対戦。敵軍の連係に苦戦を強いられながら、フィンレーがエプロンのギャローズとアンダーソンを激突させて分断に成功する。

 孤立したアンダーソンにPrima Nоcta(スタナー)を発射したフィンレーは、ギャローズにプランチャ。さらにジュースもアンダーソンにパルプフリクションを決めてから、場外のケニーにプランチャを浴びせていく。最後はエドワーズがボストン・ニー・パーティでアンダーソンから3カウントを奪った。

 試合後、ジュースとフィンレーはアンダーソン&ギャローズにベルトを見せつけて退場。前王者組に対し現タッグ王者の貫禄を示していた。

関連タグ: