【新日本】飯伏とデスペラードの武道館決戦が2冠戦に変更 勝者が初代IWGP世界ヘビー級王者に

2021年03月01日 18時34分

2・28大阪大会で飯伏(左)に挑戦を表明したデスペラード

 新日本プロレスは1日、「旗揚げ記念日」(3月4日、日本武道館)で行われるIWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王者・飯伏幸太(38)とIWGPジュニアヘビー級王者・エル・デスペラードのスペシャルシングルマッチを2冠王座戦に変更することを発表した。

 新日本はこの日、飯伏の持つ2冠王座を統一しIWGP世界ヘビー級王座を新設することを決定。飯伏を初代王者とし、「NEW JAPAN CUP」(武道館で開幕)の優勝者と4月4日両国大会で初防衛戦を行うことを発表していた。

 だが飯伏はデスペラードが2本のベルトに挑戦表明していたことを受け、武道館大会のスペシャルシングルマッチをタイトルマッチに変更することを提案。これを受け同戦をIWGPヘビー&ICの2冠王座戦として行い、勝者を初代IWGP世界ヘビー級王者に認定することに変更した。

関連タグ: