【新日本】棚橋が帝国侵略を阻止!オーカーンの猛攻しのぎNEVER王座初防衛

2021年02月28日 15時57分

NEVER王座初防衛に成功した棚橋

 新日本プロレス28日の大阪城ホール大会で、NEVER無差別級王者の棚橋弘至(44)がグレート―O―カーンの挑戦を退け初防衛に成功した。

 1月30日名古屋大会で鷹木信悟(38)を撃破した棚橋は、同王座初戴冠のリング上で襲撃してきたオーカーンを初防衛戦で迎え撃った。序盤からドラゴンスクリューを駆使。右ヒザを徹底的に痛めつける試合巧者ぶりで主導権を握る。さらにオーカーンは棚橋の付け人・辻陽太(27)に造反を促し、凶器のイスを寄越すように呼び掛けるが、これは辻が拒否して先輩としての人望も明らかに。エリミネーター(アイアンクロースラム)をカウンターのスリングブレイドで切り返すと、ハイフライアタックからハイフライフローを放った。

 だがこれを間一髪でかわされると、今度はオーカーンの猛攻にさらされる。強烈なラリアートから、アイアンクローとバックブリーカーの複合技に捕らえられると、旋回してマットに叩きつけられる。エリミネーターを狙われ万事休す…かと思われたその瞬間、棚橋は巧みに体を入れ替えて起死回生の回転十字固め。巧みに3カウントを奪い、苦しみながらも初防衛に成功した。

【棚橋弘至の話】ドームからそんなに時間を置かずに再戦となりました。正直言うとNEVERの意味、扱い、存在、価値…もう考えに考え抜いて、今のままじゃイヤだと思ったんです。みんなが抱いているNEVERのイメージを変えたい。時代も変わる、人も変わる。じゃあベルトの存在価値も変わってもいいじゃないか。IWGP、ICの統一問題が話題になってる。棚橋がなぜベルトを腰に巻かないか、ちょっと話題になってる。(NEVERが)嫌いじゃないんだよ。それでも俺、頑固なんで。信念があるんで。このNEVERのベルトと駆け上がったっていいじゃん。格付け? ランキング? そんなのクソくらえ。全部ひっくり返してやる。リスペクトの気持ちはあるだけじゃ、ダメかな? 横並びなんです。NEVERと棚橋は。一緒に駆け上がっていくんです。せっかく防衛したことだし、俺の野望を手っ取り早く言っときましょうか。(NEVERの価値を)IWGPまで引き上げてやる。

関連タグ: