【新日本】IWGPとICの統一を掲げる王者・飯伏が宣言「2つとも本当に守りにいきたい」

2021年02月26日 00時00分

飯伏の持つベルトに顔をつける内藤哲也(左)

 新日本プロレスのIWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王者・飯伏幸太(38)が、25日の後楽園ホール大会で2冠統一への思いを口にした。

 飯伏は28日の大阪城ホール大会で、「統一阻止」を狙う内藤哲也(38)とのIC王座V3戦を行う。内藤が右ヒザ負傷から復帰したこの日の大会では6人タッグ戦で激突。レッグラリアートからその場飛びムーンサルトプレスを決めるなど軽快な動きを披露する。内藤からは低空ドロップキック、足4の字固めと左足を執拗に狙われたが、終盤にはコリエンド式デスティーノを狙われたところにカウンターのフランケンシュタイナーを繰り出し好調をアピールした。

 IWGPとICの歴史を尊重しつつベルトの1本化を主張する飯伏は、シリーズを通じて内藤から“口撃”を浴びてきた。大阪城決戦前最後の前哨戦を終え「最後に1つだけ…最後の最後に1つだけ言いたいです。僕はこの2つのベルトを、2つとも本当に守りにいきたい。だから、だからこそ『これを1つにしたい』って言ってる。それが本当に伝わってもらえない。でも、僕のなかでは2つとも残すから。絶対に残すから。もっともっと上のステージに行くから」と豪語していた。

関連タグ: