2021年のプロレス界を占う新日ドーム「3つどもえの2冠争い」

2021年01月03日 16時40分

左から内藤、飯伏、ジェイ

 プロレス界の年間最大興行・新日本プロレス東京ドーム大会が、いよいよ4、5日の2日間にわたって行われる。

 今年のドーム2連戦の目玉は「3つどもえの2冠争い」だ。4日大会では現IWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王者・内藤哲也(38)が昨年のG1クライマックス覇者・飯伏幸太(38)とのV2戦に臨み、同戦の勝者にジェイ・ホワイト(28)が5日大会で挑戦する。

 この複雑な構図は昨年11月大阪大会でジェイが飯伏をダーティーファイトで破り、G1覇者に与えられる2冠挑戦権利証を強奪したことに端を発する。本来であれば1・4の挑戦者のはずのジェイは5日大会での挑戦を要求。一方で王者の内藤は2日連続のタイトルマッチを熱望し、4日大会の挑戦者にG1連覇の実績を持つ飯伏を指名した。

 肉体的なダメージを考慮すれば、3人の中で最も優位なのは初日を休養に充てられるジェイだろう。ジェイは「どっちが勝ち上がってきても次の日、俺に負けることになる。どっちだっていいよ。飯伏には3連勝しているし、内藤にも何度も勝っている。本当にどちらが来ても関係ないんだよね。1・5で2つのベルトを取るのは俺なんだから」と自信をのぞかせている。

 一方で初日大会からの2連勝を狙う両雄も闘志を燃やしている。内藤は「もちろんリスクがあるのは分かってますよ。でも東京ドーム大会って年間最大のビッグイベント。2日連続で、しかもメインイベントで試合ができるかもしれない。そう考えた場合、リスクなんて頭にたいして浮かばなかったですね。むしろメリットの方がはるかに大きいんじゃないですか?」と強調。対する飯伏も「内藤哲也というのは僕の中では少し特別な存在。東京ドームで2冠戦。思いっきり楽しみましょうよ。そして僕は1・4勝って、1・5も恨みのあるジェイに勝ちたいと思います」と決意を明かしている。内藤と飯伏は同い年で互いを強烈に意識し合ってきた。ついに最高峰の舞台での一騎打ちを迎える。

 また4日大会のセミではオカダ・カズチカ(33)とウィル・オスプレイ(27)のスペシャルシングルマッチが実現。「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア」覇者の高橋ヒロム(31)は「スーパーJカップ」覇者のエル・ファンタズモ(34)との覇者対決に臨み、同戦の勝者が5日大会のセミでIWGPジュニアヘビー級王者・石森太二(37)に挑戦する。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり1大会の試合数は6試合と、例年の東京ドーム大会よりは少なくなっているが、そのほかにも注目カードが目白押し。昨年に続くドーム2連戦が、2021年のプロレス界を占う重要な大会となることは間違いない。