【新日本】デスペラードがDOUKIとの鈴木軍同門対決を制してBOSJ4勝目

2020年11月30日 00時00分

デスペラードはDOUKIに厳しい攻め

 新日本プロレス「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア」29日後楽園大会で、エル・デスペラードがDOUKI(29)との鈴木軍同門対決を制し4勝目だ。

 盟友ながら鉄パイプでの殴打という容赦ない攻撃を繰り出してきたDOUKIに対し、デスペラードは左ヒザへ集中砲火。DOUKIボム、デイブレイクと大技を浴びながらも、スープレックス・デ・ラ・ルナ(変型ドラゴンスープレックス)を切り返すとヌメロ・ドス(変型マフラーホールド)で捕獲。ロープに逃れようとするDOUKIをリング中央に引きずり戻してギブアップを奪ってみせた。

 昨年大会直前に顎を骨折し欠場。その自身の代替選手として新日本マット参戦のチャンスをつかんだのがDOUKIだった。BOSJの舞台で実現した同門対決を終えデスペラードは「もうちょっと俺の型にハメて痛めつけてやろうと思ったけど、ルチャリブレのフィールドに下りるとどうしたってアイツにはかなわないな。あー悔しい。でもいいことだ。仲間内で悔しいってのはいいことだよ」と、マスクの下で充実した表情を浮かべているように見えた。