【新日本】ジェイが権利証破き1・4不出場宣言…対戦カード発表できない異常事態

2020年11月08日 16時39分

権利証を破り、1月4日の東京ドーム大会不出場を宣言したジェイ・ホワイト

 新日本プロレスの来年1月4、5日東京ドーム大会の第1弾対戦カード発表オンライン会見が8日に行われ、対戦カードが発表されないという緊急事態が発生した。

 前日7日のエディオンアリーナ大阪大会で、IWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王者の内藤哲也(38)がEVILを下し初防衛に成功。一方で来年1・4ドームでの2冠挑戦権利証争奪戦は挑戦者のジェイ・ホワイト(28)がG1クライマックス覇者・飯伏幸太(38)を破り史上初めてドーム大会前に権利証が移動した。

 本来であればこの日の一夜明け会見で両試合の勝者である内藤とジェイの2冠戦が、1・4ドームの第1弾対戦カードとして発表されるはずだったのだが、事態はややこしい。権利証保持者のジェイがドーム2連戦の2日目である1月5日大会での挑戦を要望。驚異的に長い英語でご託を並べ立てると、権利証をビリビリに破いてしまった。「1・4はリングに上がるつもりはない。俺が内藤に挑戦するのは5日だ。文句は言わせない。英語で書いた新しい契約書をよこせ。1月4日に俺はオフを取り、5日に2冠王座に挑戦する。そして新しい自分用のブリーフケースも欲しい」と言い放った。

 かなり傲慢なジェイの要求だったが、続いて登場した内藤は「権利証保持者の意見は優先されるべきだと思います。権利証保持者の挑戦が4日であろうと5日であろうと大して変わらないでしょ。希望通り、彼の挑戦は5日でいいんじゃないですかね」と認める意向を示す。だがその一方で自身は4日、5日の2大会ともにメインイベントでタイトルマッチを行いたいと希望。そして4日大会の挑戦者には飯伏を指名した。「確かに彼はジェイに敗れ権利証を失った。そんな彼に俺とタイトルマッチを戦う資格はないと思いますよ。…でも、俺も参加していたG1クライマックスに優勝し、連覇を達成した姿を見て、俺は悔しかったよ。いま一番戦いたい相手は、飯伏幸太なんでね」と理由を明かした。

 ジェイ戦が疑惑の判定だったとはいえ権利証を防衛できなかった飯伏が結局1・4で2冠に挑戦となると賛否両論が起きてもおかしくない。内藤もそれは重々承知のようで「新日本プロレスには慎重に判断していただきたい。俺の意見が通ったら、じゃあ権利証ってなんだったの? 来年以降、権利証なんていらないじゃんってなりかねないからね。慎重に、早急に結論を出してもらいたいと思いますよ」と団体に決断を委ねつつも「たまには俺の意見を聞いてくれてもいいでしょ」と主張した。

 どいつもこいつも言いたい放題…いや実に多様性に富んだ意見が続出したため、団体側はこの日予定していたカード発表を行わず。菅林直樹会長は「慎重に協議し、改めて発表させていただきます」と約束していた。