【新日本】デスペラード組がIWGPジュニアタッグ王座V1 ヒロム組を返り討ち

2020年11月02日 00時00分

場外からダイブしたBUSHIをローブローで迎撃したデスペラード

 新日本プロレス1日の後楽園ホール大会でIWGPジュニアタッグ王者のエル・デスペラード、金丸義信(44)組が高橋ヒロム(30)、BUSHI(37)組の挑戦を退けて初防衛に成功した。

 BUSHIのMX(コーナーからのコードブレイカー)をレッドシューズ海野レフェリーに誤爆させて乱戦に持ち込んだデスペラードは、ナックルパートからベルト殴打を狙う。マーティ浅見サブレフェリーの到着が間に合いこれを阻止されると、BUSHIをヌメロ・ドス(変型マフラーホールド)で捕らえてギブアップを迫る。

 その後は合体式ジャーマン、LAT(合体フェースバスター)と挑戦者組の反撃を浴びたものの、金丸のカットが間一髪で間に合いカウント3を許さない。再びMXを狙ったBUSHIに対し、デスペラードは何とローブローで迎撃。一気にピンチェ・ロコ(変型フェースバスター)につないで激闘に終止符を打った。

 王者決定リーグ戦の決勝戦との同一カードでヒロム組を返り討ちにしてV1に成功。デスペラードは「楽しかったよ」と挑戦者組をたたえつつ「終わってみたらどうだ? どっちが強くて、カッコよくて、頭がよかったか分かっただろ。ベルトがあるほうがチャンピオンなんだよ」と勝ち誇った。15日愛知県体育館大会では「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア」の開幕も控えており、ジュニア戦士たちの戦いはますます熱を帯びてきそうな気配だ。