【新日本・G1】ジェイ 石井に力負けでV戦線脱落!「俺の負けは全てレフェリーのせいだ」

2020年10月17日 00時00分

石井(下)のジャーマンを食らうジェイ

 新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」16日両国国技館大会Aブロック最終公式戦で、ジェイ・ホワイト(28)が石井智宏(44)に痛恨の3敗目を喫し、ブロック敗退が決定した。

 この日まで2敗で並んでいた飯伏幸太(38)、オカダ・カズチカ(32)の両者に直接対決で勝利し、Aブロックで唯一自力突破の可能性を残すジェイは、メインで石井と激突。セミで飯伏が勝利を収めているため、優勝決定戦進出のために勝利が義務付けられた。

 非情な右膝攻めに加え、セコンド・外道の介入、さらにはレフェリーの目を盗んだ金的攻撃と持ち前のダーティーファイトを展開する。ところが必殺のブレードランナーを再三にわたって防がれると、スタナーで形勢逆転を許す。助太刀に入った外道もリキラリアートで排除され、孤立無援となったジェイはラリアートからの垂直落下式ブレーンバスターで3カウントを奪われた。

 あと一歩のところで2年連続優勝決定戦を逃した昨年準Vのジェイは大荒れで「飯伏、お前は胸を張って1位と言えるのか? 全部運で勝ったものだし、俺の負けは全てレフェリーのせいだ。アイツらはバレットクラブが大嫌いだからな。これは明らかに会社が仕組んだものだ」と、会社ぐるみの陰謀論まで唱える始末。「飯伏に決勝進出を横取りされた…クソ! でも俺が誰か、忘れない方がいいぞ」と、最後まで納得がいかない様子だった。