【新日本・G1】EVILが洋央紀下し2敗キープ「これが正義だ。これが本物だよ。これが頂点だよ」

2020年10月15日 00時00分

後藤洋央紀を下したEVILは2敗をキープ

 新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」14日横浜大会Bブロック公式戦で、EVILが後藤洋央紀(41)を下して2敗を守った。

 試合に介入しワイヤーチョーク攻撃を見舞ったセコンド・ディック東郷が牛殺しで排除されると、怒とうの猛攻にさらされた。ヘッドバットからサッカーボールキック、さらに裏GTRを決められてしまう。

 それでもGTRだけは再三にわたり回避。レフェリーに向かって突き飛ばし、あらゆる手を講じて後藤の集中力をそぐ。そこで飛んできたローリングラリアートにカウンターのEVIL(変型大外刈り)を決めて逆転勝利をものにした。

 首位タイで並ぶ内藤哲也(38)との直接対決でも勝利を収めているEVILは、SANADA(32)との最終公式戦(17日、両国)を前に最も有利な状況にある。「おい見たか。これが正義だ。これが本物だよ。これが頂点だよ。次はSANADAか。また返り討ちにしてやるよ」と、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン時代のパートナーに宣戦布告していた。

 この日の大会を終え、Bブロックの突破争いは2敗のEVIL、内藤と3敗のSANADAの3人に絞られた。内藤との直接対決に勝利し唯一自力突破の可能性があるEVILは、最終戦のSANADAに勝てば文句なしで決勝進出が確定。内藤は最終戦でKENTAに勝利した上で、SANADAがEVILに勝てば逆転突破となる。SANADAが優勝決定戦(18日、両国)に進出するには、内藤がKENTAに負けた上で、EVIL戦に勝利することが条件となる。