【新日本・G1】内藤がEVILに撃沈し2敗…珍しくノーコメントで退場

2020年10月12日 00時00分

内藤はEVILに敗れ痛恨の2敗目

 新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」11日名古屋大会Bブロック公式戦で、IWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王者の内藤哲也(38)がEVILに敗れ2敗目を喫した。

 単独首位を走っていた2冠王者に落とし穴が待っていた。ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのかつての「パレハ」であり、今年上半期に2冠を巡る抗争を繰り広げたEVILとの公式戦は、戦前の予想通り乱戦となった。ディック東郷(51)の介入に気を取られた内藤は、急所攻撃を浴びてしまう。さらにはエプロンにいた東郷にワイヤーで首を絞められ窮地に陥った。

 それでも何とか水面蹴りで東郷を排除すると、フライングフォアアームからコリエンド式デスティーノを決めて形勢逆転に成功する。勝負を決めるべく正調デスティーノを繰り出した内藤だったが、これを切り返されカウンターのEVIL(変型大外刈り)に撃沈。痛恨の3カウントを奪われた。

 両ブロック通じて唯一の1敗を守ってきたが、2敗目を喫してEVILに並ばれた。首位タイとはいえ直接対決で敗れたことにより不利な状況に追い込まれたといえる。神宮球場(8月29日)で2本のベルトを取り返したはずのEVILに再び屈辱の敗北を味わった内藤は、珍しくノーコメントで退場。名古屋の地で2冠王者のG1は突如として暗転した。