【新日本・G1】棚橋が初白星 最多勝利記録「83」に更新

2020年09月30日 00時00分

ジュースにテキサスクローバーホールドをかける棚橋(上)

 新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」29日後楽園大会のBブロック公式戦で、棚橋弘至(43)がジュース・ロビンソン(31)を下してリーグ戦初白星を挙げた。

 開幕から連敗発進と苦境に立たされていた逸材が、苦しみながらも初日だ。雪崩式ブレーンバスター、ジャックハマーとジュースのパワフルなファイトに押された棚橋は、スリングブレイドからのハイフライアタックも丸め込みで切り返されてしまう。

 さらにナックルパートを浴びて絶体絶命のピンチに陥ったが、パルプフリクションの体勢から脱出すると電光石火のサムソンクラッチ。試合巧者ぶりを存分に見せつける鮮やかな逆転勝利で勝ち点2を獲得した。

 待望の初日で自身の持つG1最多勝利記録を「83」に更新した棚橋は「ラリアート食ったときにグッとかみしめたら奥歯が半分壊れた! すげえパワーだね」とジュースをたたえつつ「G1クライマックス19回目、まず1勝。これがどれだけ気持ち的に勢いつけるかっていうのを経験として知っているから」とアピール。逆襲に自信をのぞかせていた。