【新日本・G1】ジュース・ロビンソンが白星発進 フレディ・マーキュリー風コスチュームで快勝

2020年09月21日 00時00分

ジュース・ロビンソン

 新日本プロレス最高峰のリーグ戦「G1クライマックス」は20日エディオンアリーナ大阪大会でBブロック公式戦が行われ、ジュース・ロビンソン(31)がYOSHI―HASHI(38)を下し白星発進した。

 久々の新日マット登場でコスチュームをチェンジし、白いタンクトップがフレディ・マーキュリーにしか見えないジュースは、試合開始と同時に足踏みと拍手を要求。そのリズムもクイーンの名曲「We Will Rock You」に酷似していたため、ますますフレディにしか見えなくなる。

 ジュースはKUMAGOROSHI(変型バスター)からバタフライロックに捕らえられ、スワントーンボムも浴びてしまったが、カルマだけは阻止して反撃開始。左右のナックルパートからパルプフリクションを決めて鮮やかな逆転勝利を収めてみせた。 

 試合後のジュースは「アイツは本当に優しい男だ。俺の周りの優しい人間と言えば、地元のファミリーマートの店員かYOSHI―HASHIのどちらかだろう。でも2人とも俺には勝てない」と、唐突に謎の登場人物を引用して対戦相手の人間性を絶賛。次戦(24日、札幌)でのKENTA戦へ向け「遠い昔、はるかかなたの銀河系でジュース・ロビンソンとKENTAになる前の2人の男がいた。その時は歯が立たなかったけど、時を経てどうなったか、見てみようじゃないか」と腕をぶしていた。