【新日本】G1クライマックス出場20選手が決定 KENTA、ジェイ・ホワイトら海外組も合流

2020年09月09日 19時45分

昨年の「G1クライマックス」は飯伏幸太が優勝を飾った

 新日本プロレスは9日、「G1クライマックス」(19日、大阪で開幕)の出場メンバーを発表。KENTA(39)、ジェイ・ホワイト(27)ら海外在住選手を含む全20選手の参戦が決定した。この日の仙台大会で発表された出場選手は以下の通り。

【Aブロック】
 飯伏幸太(38)、ジェフ・コブ(38)、オカダ・カズチカ(32)、石井智宏(44)、ウィル・オスプレイ(27)、鷹木信悟(37)、鈴木みのる(52)、タイチ(40)、ジェイ・ホワイト(27)、高橋裕二郎(39)

【Bブロック】
 棚橋弘至(43)、ジュース・ロビンソン(31)、矢野通(42)、後藤洋央紀(41)、YOSHI―HASHI(38)、内藤哲也(38)、SANADA(32)、EVIL、KENTA(39)、ザック・セイバーJr.(33)

「真夏の祭典」として団体の看板シリーズに定着しているG1は今年、東京五輪(=延期)開催の影響から秋開催にスライドとなっていた。新型コロナウイルス感染拡大による活動自粛期間以降、初めて海外在住の主力選手が合流し最強決定戦にふさわしいメンバーが出揃った。

 各ブロックの公式戦日程については、11日後楽園大会で発表される。