【新日本】洋央紀 「CHAOS」同門対決の前哨戦制す!

2020年09月07日 11時30分

後藤は同門のオカダ(左)にラリアート

 新日本プロレス11日の東京・後楽園ホール大会でオカダ・カズチカ(32)、矢野通(42)、SHO(31)組を迎え撃つNEVER無差別級6人タッグ王者の後藤洋央紀(41)、石井智宏(44)、YOSHI―HASHI(38)組が、千葉・幕張大会(6日)で前哨戦を制し、初防衛に弾みをつけた。互いを知り尽くす「CHAOS」の同門王座戦を控える両チームは、8人タッグ戦で激突。オカダのリバースネックブリーカーを食らい集中砲火に浴びたYOSHI―HASHIだったが、辻陽太(26)に狙いを定めて反撃。ヘッドバスターからのバタフライロックでギブアップを奪った。

 試合後は石井とSHOが場外で大乱闘。全員ノーコメントの王者組に対し、SHOは「同じチームだろうが、俺以外のプロレスラーは全員ライバルだ」と気勢を上げた。