【新日本】米国版ニュージャパンカップの開催を発表 優勝者にIWGP USヘビー級王座への挑戦権

2020年08月01日 16時46分

新日本プロレスは米国での大会開催日程を発表した

 新日本プロレスは1日、今後の米国での大会開催日程を発表。日本時間の8日からスタートする配信限定番組「NJPW STRONG」の中で「NEW JAPAN CUP 2020 in THE USA」を開催することを明かした。

 同トーナメントには8選手がエントリーし、優勝者にはIWGP USヘビー級王座(現王者はジョン・モクスリー)への挑戦権が与えられる。1回戦はKENTA対カール・フレドリックス、タマ・トンガ対ブロディ・キング、タンガ・ロア対ジェフ・コブ、チェーズ・オーエンズ対デビッド・フィンレーの4試合。14日に準決勝、21日に決勝戦が配信される(いずれも日本時間)。

 なおジュース・ロビンソンは右足負傷のため大会欠場となることも合わせて発表された。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響は、世界中のプロレス界に及んでいる。米国から始まる新たな戦いが、どのような展開を見せていくのか注目だ。