【新日本】EVILがなりふり構わぬ逆転劇でNJCベスト8入り

2020年07月02日 11時00分

後藤(右)を下したEVIL

 新日本プロレス「NEW JAPAN CUP(NJC)」2回戦(1日)で、“キング・オブ・ダークネス”EVILは後藤洋央紀(41)から執念の勝利を収めた。GTWを浴びて窮地に陥ったが、GTRを狙った荒武者を突き飛ばし、レフェリーと交錯させる。

 首折り弾から容赦ない急所攻撃を加えるや、必殺のEVIL(変型大外刈り)で沈めた。なりふり構わぬ逆転劇でベスト8入りを決めた暗黒の王は「いいか、おい! EVILが2回戦突破だ。俺がナンバーワンだと証明するためのものだ。新しい新日本の頂点に君臨するのはこの俺だ。よく覚えておけ!」と高らかに宣言した。

 また2回戦もう1試合は、YOSHI―HASHI(38)がBUSHI(37)に勝利した。