【新日本】110日ぶり活動再開 内藤ら王者トリオがメイン締める

2020年06月15日 21時47分

活動を再開した新日本プロレス

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で大会を中止していた新日本プロレスが15日、無観客試合を開催・配信し、110日ぶりに活動を再開した。

 新日本は2月26日の沖縄大会を最後に、計53大会を中止。緊急事態宣言下では無観客試合も開催しなかった。活動再開にあたり、選手・スタッフ全員に抗体検査を義務づけるなど安全対策を進めてきた。

 この日の大会前には本隊所属選手がリングイン。選手を代表して棚橋弘至(43)が「待っていてくれたファンの皆さん、ありがとうございます。今日は無観客試合という形ですが、またいつか皆さんと会場で会える日を夢みて、一歩ずつ頑張っていきます。画面の向こうから声援を送ってください。よろしくお願いします」とファンにあいさつした。

 メインではIWGPヘビー、インターコンチネンタル2冠王者の内藤哲也(37)がNEVER無差別級王者・鷹木信悟(37)、IWGPジュニアヘビー級王者・高橋ヒロム(30)と王者トリオを結成。オカダ・カズチカ(32)、YOH(31)、SHO(30)組と6人タッグマッチで激突した。

 王者トリオは絶妙の連係で試合の主導権を握り、YOHを孤立させた内藤が必殺のデスティーノで3カウントを奪ってみせた。試合後にマイクを握ると「新日本プロレスワールドをご覧の皆さま。3か月半ぶりに帰ってきたぜ、カブロン。しばらくは無観客試合が続きますが、また皆さまと大合唱できる、その日を楽しみにしてますよ。まずは明日から始まるNEW JAPAN CUP。皆さまの目で、皆さまの耳で存分に楽しんでください。NJCの結末はもちろん、トランキーロ、あっせんなよ」とアピール。

 最後は決めゼリフの「EVIL、BUSHI、SANADA、ヒロム、鷹木、イ・内藤。ノスオトロス、ロス・インゴベルナブレス・デ! ハ! ポン!」を無観客の会場で絶叫し、団体にとって歴史的な再始動の大会を締めくくった。