【新日本】V候補オカダとジェイ NJC1回戦で激突

2020年02月25日 14時59分

1回戦で激突するオカダ(右)とジェイ

 新日本プロレスは25日、春の最強戦士決定トーナメント「NEW JAPAN CUP」(3月4日、後楽園ホールで開幕)の組み合わせを発表した。

 昨年同様32選手がエントリーした同トーナメントの優勝者には、IWGPヘビー級・インターコンチネンタル2冠王者の内藤哲也(37)への挑戦権が与えられる。最大の注目カードは7日愛知県体育館大会で行われる前年度覇者にして前IWGPの王者オカダ・カズチカ(32)と前IC王者ジェイ・ホワイト(27)の一戦だ。今年の東京ドーム大会2連戦で2冠争いを繰り広げた優勝候補同士がいきなり1回戦で激突することになる。

 同じくドーム2連戦で2冠争いを繰り広げ、トップ戦線返り咲きを狙う飯伏幸太(37)は3月8日尼崎大会でザック・セイバーJr.(32)と1回戦を迎える。その飯伏とIWGPタッグ王座を保持する棚橋弘至(43)も同大会でタイチ(39)との激突が決定。さらにNEVER無差別級王者の鷹木信悟(37)の参戦も正式決定し、尼崎大会1回戦でウィル・オスプレイとの対戦が決定した。