【新日本】棚橋vsジェリコ電撃決定 1・5東京ドームで激突

2019年11月04日 00時01分

ジェリコからのビデオメッセージを見つめる棚橋(右)

 新日本プロレス3日エディオンアリーナ大阪大会で、棚橋弘至(42)とクリス・ジェリコ(48)の初対決が急浮上した。

 この日のタッグ戦で棚橋が勝利を収めた直後、場内が暗転するとジェリコがVTRでビジョンに登場。「1月5日、ペインメーカー対エース。最高の一戦になるぞ。お前の引退試合だ」と、来年1月5日の東京ドーム大会での対戦を要求した。

 これを棚橋は「ちょうど来年の1月4、5日、空いてるから」と受諾。「引退させるとか言ってたけど、俺は200まで生きるから」と豪語したエースが、ドリームマッチへ向かう。

 また「SUPER Jr. TAG LEAGUE」はYOH(31)、SHO(30)の「ロッポンギ3K」がエル・デスペラード、金丸義信(43)組との優勝決定戦を制し、大会3連覇を達成。NEVER無差別級王者KENTA(38)は石井智宏(43)の挑戦を退け、2度目の防衛に成功した。