【新日本】G1覇者・飯伏 東京ドーム2連戦でIWGP&IC挑戦熱望

2019年08月13日 16時49分

東京ドームでのIWGPヘビー級王座挑戦権利証を手にする飯伏

 新日本プロレス「G1クライマックス」覇者の飯伏幸太(37)が13日、来年1月4、5日の東京ドーム大会での王座戦連戦案を明かした。

 飯伏は前日(12日)の日本武道館大会で悲願のG1初制覇を達成。一夜明けたこの日の会見では、優勝者に与えられる来年1月4日の東京ドーム大会でのIWGPヘビー級王座(現王者はオカダ・カズチカ)挑戦権利証を獲得した。

 また、権利証の行使を宣言すると、さらなるビッグプランを披露。防衛義務がある権利証の争奪戦相手に、G1公式戦で敗れているKENTAとEVILを候補に挙げた上で「1月4日、5日、東京ドーム大会がありますよね。僕はまだIWGPインターコンチネンタル王座にも愛着がある。それ(IWGPヘビー級王座)を取ったまま、1月5日にIWGPインターコンチネンタル王座に挑戦するというのはどうですか」。来年のドーム2連戦でIWGP、ICの2つに挑戦するというプランだ。

 IWGPとIC同時戴冠の例は過去になく、現IC王者・内藤哲也(37)がこれを目標に掲げている。2冠達成をかけての2連戦は超強行軍となるが、飯伏は「現実的には(肉体的負担が)きついけど、非現実的ではないと思います。たくさん人がいるところでやったほうがいいですよね」と目を輝かせた。

 2020年1・4、1・5の東京ドーム2連戦に浮上した前代未聞の王座戦連戦プランは、果たして実現するのか——。