【新日本】モクスリー 3連敗で急ブレーキ

2019年08月09日 16時30分

後藤(右)のエルボーを食らうモクスリー

 8日の新日本プロレス横浜文化体育館大会で「G1クライマックス」Bブロック公式戦が行われ、狂犬ジョン・モクスリー(33)がまさかの急失速だ。

 IWGP・USヘビー級王者のモクスリーは後藤に敗れ、3敗目を喫した。ダブルアームDDTから必殺のデスライダー(高角度ダブルアームDDT)を狙ったが、これを後藤洋央紀(40)に回避され、牛殺しの体勢で担ぎ上げられる。そこから落下の最中に意表を突かれる形でGTRを決められ、無念の3カウントを献上した。これで5連勝からの3連敗。試合後は「俺はまだ生きてるぞ。かえって燃えてきたぜ」とジュースとの最終公式戦へ向けて強がったものの、混戦を招いた張本人は厳しい戦いを強いられそうだ。