【新日本】オカダ・カズチカ 飯伏との最終公式戦へ自信

2019年08月08日 00時01分

EVIL(左)を撃破したオカダ

 新日本プロレス7日の浜松大会で、真夏の祭典「G1クライマックス」Aブロック公式戦が行われ、IWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ(31)がEVILを撃破し7勝目。優勝決定戦(8月12日、日本武道館)進出に王手をかけた。

 互いに手の内を知り尽くした両者の公式戦は、一歩も譲らぬ白熱の攻防が続いた。必殺のレインメーカー(RM)をかわされてハーフネルソンスープレックス2連発を浴びたオカダは、ローリング式のRMにもカウンターのヘッドバットを合わされ窮地を迎える。

 それでもEVIL(変型大外刈り)をカウンターの首折り弾で阻止すると、ショットガンドロップキックを発射。ローリング式RMから正調RMを叩き込み、粘る暗黒の王を振り切った。

 これでオカダは単独首位をキープし、ブロックの突破争いは2敗の飯伏幸太(37)とのマッチレースとなった。最終公式戦(10日、日本武道館)で飯伏との直接対決を控えており、オカダは引き分け以上で優勝決定戦進出が決まる。それでも「王者が引き分けで決勝いくなんて、そんなダサいことないんでね」とあくまで強気の姿勢。史上3人目のIWGP王者としてのG1制覇、そして自身5年ぶりの夏男へ、並々ならぬ自信をのぞかせた。