【新日本】内藤 優勝諦めない

2019年08月02日 16時30分

ジュース(下)にデスティーノを決める内藤

 新日本プロレス真夏の祭典「G1クライマックス」Bブロック公式戦(1日、福岡市民体育館)、IWGPインターコンチネンタル王者の内藤哲也(37)はジュース・ロビンソン(30)を下し、星取りを五分に戻した。コリエンド式デスティーノで攻勢に出ると、ナックルからのラリアートを浴び反撃を許す。それでもパルプフリクションをかわし、バレンティア(変型ノーザンライトボム)を発射。最後はデスティーノで3カウントを奪った。モクスリーとの直接対決に敗れた上での3敗は状況的に厳しいが「可能性があるうちは諦めずに優勝目指して頑張りますよ」と前を向いた。